シンプルな暮らしに彩りを

きんいろ暮らしとパリ

雑貨

玄関がスッキリ!【IDEACO(イデアコ)】の傘立て『mini cube(ミニキューブ)』

IDEACO,傘立て,ミニキューブ,

『IDEACO(イデアコ)』のシンプルな傘立て

場所をとらない、すっきりとしたデザインの傘立て、『IDEACO(イデアコ)』の「mini cube(ミニキューブ)」。

イデアコの傘立て

見た目がすっきりとした素敵なデザインが魅力的です。

プラスチックのようなテカテカ、ツルツルとした艶はなく、マットな質感です。 触るとサラサラしています。

素材

この商品はポリエステル樹脂に、廃材である炭酸カルシウムを合わせて作られたポリストーンという素材でできています。 製造時に温室効果ガスの排出が少なく、環境に優しい素材です。

IDEACOの傘立て【mini cube】

IDEACOのプロダクトはどれもシンプルで美しい コンパクトでクリーンで心地良い暮らしを望んでいる方におすすめのブランドです。 IDEACOの傘立てミニキューブ

 

コンパクトさに驚く

この「mini cube(ミニキューブ)」、

幅は10cmもなく、とってもコンパクト。 (サイズ:幅93×奥行き93×高さ123mm)

これだと、場所を取らず、省スペースで使えどこに置いても邪魔になりません。

普段は下駄箱にしまっておけるほどの大きさなので、雨の時だけ、玄関に出して使うということもできます。

他にも、来客の多い家では、お客さん用として買っておくのもいいですね。

 

意外とずっしりとしている

持ってみると、けっこうずっしりとしています。(重さ:1.4kg) まるで、石膏のようです。

しっかり重みがあるので、長い傘を立ててもグラグラせず、安定感があります

  「こんなに小さいのに案外、頑丈にできているんだな…」 と感心することでしょう。

 

シンプルで飽きのこないデザイン

デザインはシンプルで飽きがこない。 それに、小さくてかわいい。

玄関に置いていても全然、圧迫感を感じません。 正直、見た目がかわいいので、これをそのまま花瓶に使ってもいいのでは?と思ってしまうほど。

傘を立てていない状態でも、置いているだけでオブジェのようです。モダンでおしゃれ

 

実は、ただの四角ではない

パッと見た目は、真四角な立体の形をしていますが、穴があるトップの断面はちょっと斜めに傾斜したようにカットされています

IDEACOの傘立てミニキューブを横から見た状態

さらにその奥も、また高さが違っています。

IDEACOの傘立てミニキューブを横から見ると傾斜したように斜めにカットされている

まるで、ピカソのキュビズムみたい。

とても、おしゃれ。

実は、角が削られている

スタイリッシュなデザインであっても、クールで冷たい印象はありません。 よく見ると、角が少し削られています

ミニキューブの角が削られている

小さく角丸になっています。さいころみたいにコロンとしていて、どこかやさししい感じ。

穴の周りも、微妙に角が削られています。

「神は細部に宿る」といいますが、本当に細かいところにまでこだわっています。

 

カラーを白にした理由

色は他にもいろいろあります。

自宅の玄関の色に合わせて選べます。

玄関をシンプルですっきりさせたい方は、白もおすすめ。

白だと存在感を消せる

色がついたものやモノ自体を極力なくすと、玄関がすっきりとした印象になります。

また、白だと汚れも気になるところですが、汚れたら拭いたり洗ったりできるので気になりません。

小さくて、カンタンに持ち運べるからこそそれが可能なのかもしれませんね。

 

さりげなくロゴが入っている

隅に小さく、さりげなさくロゴが入っています。

イデアコの傘立てミニキューブのロゴ部分

プリントされているのではなく、刻印されているので凹凸になっています。 ideaco DESIGN STOCK PEACE と刻まれています。

このさりげなさが、スタイリッシュ。

 

傘を立てる部分

上から見ると ↓このようになっています。

イデアコの傘立てを上から撮影した状態

奥に行くほど穴が狭くなっっているからか、まるでボウリングのボウルの穴のようにも見えてきます。ついつい指を入れたくなります。

小さなストレスを感じない

傘を入れるとき、先端部分がスッと真っ直ぐ穴に入り、ストレスを感じません。

以前、縦長の傘立てを使っていましたが、傘同士が傘立ての中でなだれてしまうのが、気になっていました。

雨が降った日には、使っていない傘まで、ムダに濡れてしまう始末。 この傘立てだと、傘がそれぞれの穴でしっかり立つから、濡れた傘も、それぞれの穴で水を受けることができます。

掃除がラク

水が溜まっても、さっと持ち運べるのでひっくり返して水を捨てるだけ。

手入れが、ラクチンです。

軽いゴミをとるだけなら、ティッシュを入れて棒でくるくる回すだけで、さっとゴミがとれます。

 

底面には滑り止めがついている

上下ひっくり返してみると、底面は滑り止めのようなものが付いています。

IDEACOの傘立てミニキューブの底面

このおかげで、傘を入れるときに位置がズレにくい

 

玄関がすっきりする

玄関に置いていても場所をとらず、気にならなりません。

イデアコの傘立てを玄関に置いている様子

広い玄関で使えば、ミニマルな印象になり、より一層すっきり感が強調されそうです。

存在感を消しているようで消していない、 自己主張しているようでしていない、 何とも言えない、不思議な魅力。

 

こうやって使っています

傘を立てるときに、傘の柄の部分が玄関の壁や靴箱にぶつからないように、少し壁から離して設置しておきましょう。

掃除の時に持ち上げて、うっかり玄関の土間に落として、床の石が傷つくのが嫌な方は、基本はあまり動かさないようにしたほうがいいでしょう。

雨の日は、傘のホックを留めずに立てておき、玄関丸ごと除湿器をかけるのもおすすめです。そうすると次の日には、カラッとしているから湿気に困ることはありません。

夏には、日傘を立ておくと、出かける時に目に留まるので、持っていくのを忘れるのを防止してくれるでしょう。

 

お手入れ方法

説明書には、お手入れ法について次のように書かかれています。

汚れが著しい場合は、柔らか布をお湯でうすめた中性洗剤に浸し、固く絞って拭きとり、から拭きしてください。

 

お風呂用の泡洗剤を使って洗います。

泡をシュッとかけ、1分ほど置き(汚れ具合にもよる)、その後、水で洗い流します。

IDEACOのミニキューブを洗っている様子

そして、各穴に乾いたティッシュを入れ、そのままベランダで軽く乾かしています。 そうすると、汚れも湿気もとれます。

まとめ

場所をとらない、すっきりとしたデザインの『IDEACO(イデアコ)』傘立て「mini cube(ミニキューブ)」。

省スペースでコンパクトなのに、しっかり立てかけられ安定して置くことができます。

デザインがシンプルで飽きないのが何よりいい。

イデアコの傘立ての箱を開けた様子

すっきりした玄関にしたい方におすすめの傘立てです。

 

 

新生活にぴったりのものを探すなら
コチラもどうぞ

-雑貨
-

Copyright© きんいろ暮らしとパリ , 2020 All Rights Reserved.