シンプルな暮らしに彩りを

きんいろ暮らしとパリ

月のリズムと暦

【ゾネントア】の『月のお茶』を飲んで、月のリズムと調和する

ゾネントア,月のお茶,

毎日を心地よく過ごしたい人におすすめ『ゾネントア』の「月のお茶」

月のリズムを意識しながら暮らしていると、日々、宇宙のリズムと調和していることを実感します。

早朝、窓から月が見えている

もともと、昔から月と海の波や、潮の満ち引きなどの自然現象や人間のカラダとは、密接に関係しているといわれています。

人間のカラダの70%は水分と言われていて、水は自然の一部でもあります。

そして女性にとって健康や美容の鍵とも言える月経周期や肌のターンオーバーの期間も、月の満ち欠けの周期(約28日)とほぼ同じなのも偶然ではないような気がします。

ある意味、女性だからこそ、月の力を素直にすんなりと感じられるのかもしれません。

ゾネントアの「月のお茶」を飲んで月のリズムと調和する

月の満ち欠けに合わせて飲む『ゾネントア』社のハーブティー「月のお茶」。

ゾネントア,月のお茶,上弦のお茶

「月のリズム法」に沿ってブレンドされたハーブティーです。

新月の日には、ほっこり温かいハーブティーを飲みながら、新月のアファメーションをつくって、読み上げたりしている方もいるでしょう。

ペーパーブランクスのクリムトのノートとゾネントア新月のお茶

月の満ち欠けとともに暮らしながら、過ごす毎日は心地よいです。

ヨーロッパのオーストリア・チロル地方に代々伝わる「月のリズム法」

日本では、昔から太陽太陰暦を用いて月のサイクルと共に生きてきました。

いつしか暦が変わり、それを今では旧暦とされてしまいましたが、もともとは月と密接に関係していた国でした。

ゾネントア,月のお茶

ヨーロッパのオーストリア・チロル地方にも代々伝わる「月のリズム法」というのがあり、月の満ち欠けは大きく分けて4つに分けられます。

スタートから、新月・上弦・満月・下弦といった具合。

ゾネントア,月のお茶

それぞれの月の状況によって、人が行う行動も、それぞれ適切なことが違います。

ここでは、

  • 新月:新しいことをスタートするとき
  • 上弦:育ちと繁栄のとき
  • 満月:気分が高まるとき
  • 下弦:リセットへ向かうとき

とされています。

ゾネントア 「月のお茶」シリーズ

月のリズム法」を取り入れて作られたお茶が、ゾネントア社の 「月のお茶」シリーズです。

ゾネントア社のハーブはこだわりぬいた、厳選したハーブを使用しています。

ゾネントア,月のお茶

月の運行に従い「バイオダイナミック農法」という農法でハーブを栽培し、良質の葉だけを手で丁寧に摘み取っています。

バイオダイナミック農法というのは、天体の運行により播種や収穫時期を決めるなど、宇宙の自然のリズムに合わせた農作業が行われる農法のことです。

これを聞いただけでも、なんだかうっとりしてしまいますね。

化学肥料や農薬を使わず、鉱物や動植物など天然成分でつくった調合剤を土に混ぜたり、散布したりして使う事で大地の力を引き出します。

自然のリズムを生かし、植物そのものの力を発揮させることで生命力のある作物になる」という考えのもとで作られた製品をつくっているのです。

手作業で収穫や加工を施されたお茶やハーブはとても質が高く、自然な香りがしっかりと残っているので、人工香料は使用していません。

また、ハーブを摘み取った後は瞬時に冷凍していて、ガスによる殺菌や殺虫は一切行っていません。

ゾネントア社は商品の外箱やティーバッグの素材にもこだわっています。

外箱の印刷には鉛フリーのインクを使用していて、外箱を包むフィルムも、生分解可能なセロファン素材を使用していて、燃えるごみとして捨てられます。

ビューティフル マジック ムーンティーの外箱を開けた状態

土に埋めても4ヶ月で土に還るのだとか。

ティーバッグには、環境にやさしい無漂白紙のリサイクルペーパー、糸はオイルコーティングをしない無漂白オーガニックコットンを使用しているほどのこだわりようです。

ゾネントア,月のお茶,ティーバッグ

ゾネントア 「月のお茶」シリーズ おすすめの飲み方

基本は、カップにティーバッグを入れ、沸騰したお湯を注ぎ、5分から10分待つと飲み頃になります。

ティーポッドに入れて、5分経ったらティーカップに注いで、ゆっくり飲みます。

ティーポッドだとハーブが薄まりそうな気がしますが、実際は、けっこうしっかり味が出るので問題なく飲めます。

「月のお茶」シリーズは4種類

ゾネントア社の「月のお茶」シリーズは4種類あります。

ゾネントア,月のお茶

 

それぞれの月のお茶がパッケージになっています。

  • 新月のお茶
  • 上弦のお茶
  • 満月のお茶
  • 下弦のお茶

 

月の満ち欠けに沿って、それぞれのお茶を飲みます。

ゾネントア,月のお茶の飲み方

それぞれの「月のお茶」シリーズは、それぞれ20袋入って、税込み972円です。

店頭などでも、販売されています。
ゾネントアのお茶が店頭で販売されている様子

4種類全部揃えると、80袋で3,888円です。

とりあえず試しに飲んでみたいという方は、「ビューティフル マジック ムーンティー」がおすすめです。

ゾネントア,月のお茶,ビューティフル マジック ムーンティーのパッケージ

新月・上弦・満月・下弦とすべての周期が入ったアソートタイプのパッケージです。

ゾネントア,月のお茶,ビューティフル マジック ムーンティーの4種類のティーバッグ

アソートだと、28袋で税込み1,404円です。

この「月のお茶」シリーズを試しに飲んでみるには、このアソートタイプがちょうどいいでしょう。

それぞれの月の満ち欠けの1サイクル(28日)で飲みきれるアソートメントになっているので、約1ヵ月分として、飲みきることができます。

ゾネントア,月のお茶,ビューティフル マジック ムーンティー

【セット内容】

  • 新月のお茶 (5袋)
  • 上弦のお茶 (9袋)
  • 満月のお茶 (5袋)
  • 下弦のお茶 (9袋)

28袋入り。

内容量はそれぞれ1gです。
それでは、それぞれの月の期間と、お茶の特徴を見てみましょう。

ビューティフル マジック ムーンティーとつきのこよみ

 

新月のお茶 (NEW MOON)

月の満ち欠けのスタートである新月の日は、精神も安定して判断力が高くなるため、何か新しいことをスタートするのによいといわれています。

下弦の月からのデトックス期間を経て、古い習慣を捨てたり、不要なものを排出して、勇気を持って新しい試みをする日でもあります。

新しいステップへと向かうのをサポートしてくれるのが、このお茶です。

新月の2、3日前から新月の日の当日に飲むとよいとされています。

5分蒸らすとこの色です。
ゾネントア,月のお茶,新月のお茶

10分蒸らすと、少し濃くなります。
ゾネントア,月のお茶,新月のお茶10分蒸らした状態

新月のお茶を飲みながら、新しい月がスタートすることを祝福し、それに合わせて、自分の新しい願いを込めながらノートに書き出します。
ゾネントア,月のお茶,テーブルに月のお茶とノートが置いている

 

新月のアファメーション(自己肯定文)をつくって、それをそっと読み上げます。

ペーパーブランクスのクリムトのノートとゾネントア新月のお茶

そんな時間を大切に過ごすのに、欠かせないお茶です。

新月のお茶の原材料は、以下の通り。

 

  • 有機マテ(カフェイン含む)
  • 有機レモングラス
  • 有機ローズヒップ
  • 有機スペアミント
  • 有機緑茶(カフェイン含む)
  • 有機ローズ

新しいことをスタートするなど、気持ちの切り替えにピッタリなフレッシュなブレンドになっています。

香りもどこかフレッシュな香りがします。

上弦のお茶 (WAXING MOON)

新月から満月まで徐々に満ちていく上弦の月の14日間は、「育ちと繁栄」の時期です。

月が満ちていくように、人も自分のカラダを構築し、増強する期間でもあります。

身体が吸収し溜め込みやすくなるため、食事は普段より量を少なめにするよう心掛けます

満腹を感じたらすぐに食べるのをやめ、この上弦の月のお茶を数カップ飲んで胃を落ち着けます。

ゾネントア,月のお茶,上弦のお茶

体がミネラルや微量元素を必要とする時期でもあるので、このお茶はそれをサポートしてくれます。

上弦の月のお茶の原材料は、以下の通り。

 

  • 有機レモンバーム
  • 有機スペアミント
  • 有機ヒソップ
  • 有機フェンネル
  • 有機アニス
  • 有機ラズベリーの葉
  • 有機ヒマワリ
  • 有機ローズ

育ちと繁栄のときにぴったりな、毎日にパワーを与えるブレンドハーブティです。

上弦のお茶の拡大画像

 

満月のお茶 (FULL MOON)

満月の光には強いエネルギーが秘められていると言われ、その影響を受けて、感情も高まりやすくなるので、なかなか眠れない、落ち着きがなくなるなど、自分でもよくわからないような、特別な活発さを覚えることがあります。

月がめいっぱい満ちた状態と同じように、特別に身体の吸収力が高まる時期だからでしょうか。

高ぶる感情のまま暴食なんかしてしまえば、後で後悔するだけです。

そんな時は、心身を鎮静させ、心身ともにバランスを整えましょう。

また、そのような日には、満月のお茶で心を落ち着かせ、リラックスさせます

満月の2,3日前から満月の日の当日まで飲みます。

満月の日のお茶の原材料は、以下の通り。

 

  • 有機レモンバーム
  • 有機エルダーフラワー
  • 有機マリーゴールド
  • 有機タイム
  • 有機コーンフラワー
  • 有機ラズベリーの葉

気分が高まる満月に、ゆったりとした気分に浸れるようブレンドされています。

 

 

 

下弦のお茶 (WANING MOON)

満月から新月へ変化していく2週間(14日間)を下弦の月といいます。

満月の状態から月がやせていくように、デトックスに適した期間です。

体が、「排出と浄化」へと向かう時期なので、デトックス効果のある食事と飲むと良いです。

下弦の月のお茶の原材料は、以下の通り。

  • 有機ブラックベリー
  • 有機エルダーフラワー
  • 有機緑茶(カフェイン含む)
  • 有機ローズヒップ
  • 有機アップル
  • 有機マリーゴールド

 

下弦の期間は、リセットへ向かうときなので、すっきりクリアになることをサポートしてくれるようブレンドされています。

月の満ち欠けとともに飲むお茶

このお茶を飲みながら過ごすと、月の満ち欠けとともに暮らしている実感が湧いてきます。

お茶を飲むときに、なんとなくもうすぐ新月だから「このお茶飲もう」とか、満月までに「手放すものがないかチェックしておこう」と準備して、このお茶とともに満月をお迎えします。

ゾネントア,月のお茶,ビューティフル マジック ムーンティー

そんな毎日は心地よいです。

満月の日には月光浴をする

満月の日に、なぜかなかなか眠れなかったりします。

そんな時は、夜中一人で起きて、満月のお茶を飲みながら、ほっこり月光浴をします。

ゾネントア,月のお茶を飲んている様子

満月の下で、何も考えずにただお茶を飲む。

そんな時間が贅沢です。

日々、小さな幸せを味わえているのも、宇宙のリズムに乗っているからかもなんて思ったりして。

ゾネントア,月のお茶のアソート ビューティフル マジック ムーンティーをティーポットに淹れた状態

あなたも、『ゾネントア』の 「月のお茶」で心地よい暮らしをしてみては?

 

-月のリズムと暦
-,

Copyright© きんいろ暮らしとパリ , 2020 All Rights Reserved.